FileMakerとPHPによるWebアプリケーションの実装

はじめまして、こんにちは。7号こと富田宏昭と申します。
おもにWebアプリケーションの開発を担当しています。
FileMakerを使用したWebアプリケーションの開発は
すこしブランクもありますが、FileMaker 7のころから5年ほど経験してきました。
さて、FileMakerをバックエンドとしたWebアプリですが
ほかのデータベースと違いかなりクセがあるため、実装にはあらかじめ注意が必要です。


具体的には次の3点。
* 全体的な動作、とくに「ソート」「索引のないフィールドの検索」「集計」が遅い
* ロールバック機能がFileMaker自体に備わっていない
* 複数単位でのレコードを一括で操作するのが苦手
とくに1点目の「動作が遅い」についてはWebアプリでは致命的です。
レコードが数万~数十万クラスの規模の場合、ソートだけで2分以上かかることもあります。
FileMaker Pro上のみなら複雑なスクリプトやTOによる力技が効きますが
Webアプリケーションの場合は使用できるスクリプトも限られ、なかなかごまかしが効きません。
そのため
* 実装前の “その機能は本当に必要か” の切り分け
* 長期間運用しても、いかにパフォーマンスを落とさないか
がポイントとなってきます。
手前味噌になりますが、
マイコミジャーナルさまの【コラム】FileMaker×PHPで作る、簡単・便利なWebアプリにおいて、
FileMakerをバックエンドとしたWebアプリの実装方法について記事を書いています。
これからFileMakerなWebアプリケーションにチャレンジする方は、ぜひぜひ参考にしていただければ幸いです。


カテゴリー

キクミミ研究棟?


キクミミの開発者による
ファイルメーカー®カスタムWEB
公開研究サイト
(かなりユルく更新中)

FBA認定デベロッパー


キクミミはファイルメーカー株式会社に正式に認定された FBA(FileMaker Business Alliance)のメンバーです。