FileMaker10シリーズ発表されました

こんにちは、3gouです。
遅ればせながらFileMaker10シリーズが発表されたことをご報告させていただきます。
FileMaker10シリーズにおいては、これまでFileMakerにおいて実装が希望されていた機能がようやく搭載されたり、これまでずっと変わらなかったインタフェース面の変更もあるなど、とても大きな変更が行われたリリースとなっております。


FileMaker Pro10の新機能として主なものは、
1、ステータスエリアのデザインが変更され、FileMaker Pro ウインドウの上部にツールバーとして表示されるようになりました。
2、これまでプレビュー画面でしか表示することができなかった集計パート(小計パート)をブラウズモードで表示することができるようになりました。
3、FileMakerからメールを送信する際に、これまでのようにクライアントにインストールされたメーラーを利用することなく、直接SMTP経由で送信できるようになりました。
4、スクリプトトリガ(イベントドリブン)機能が実装されました。これまではボタンに設定するか、ファイルの開閉時にしか実行させることができなかったスクリプトを、レイアウトを開いたり、フィールドの入力、変更、終了時、キー入力、フィールド修正、レコード確定など、さまざまなイベントを利用して実行できるようになりました。
特に4のイベントドリブン機能は、従来より実装が待ち望まれていた機能です。この機能が実装されたことにより、これまで以上にさらに洗練したインタフェースを実装することができるようになったと思います。
FileMakerServer10に関しては大きな変更はありません。Webに関してはXML文法に若干の変更があり、値一覧において2番目の値を取得できるようになりました。これまでは値一覧を参照するのに2番目の値が必要なものは、別テーブルにアクセスさせるとかポータルに表示しておく等の工夫が必要でしたが、この機能が実装されたことにより、さらにスマートにFileMakerからデータを取得できるようになりました。
FileMaker Server10に付属しているAPI for PHPには、これら2番目の値一覧を取得するためのメソッドが追加されています。FX.phpを利用しているユーザーにおいては、現時点(2009/3/3 ver4.5)においてこの2番目の値一覧を取得することができません。
FX.phpでは、ver9より実装された複合検索に関するメソッドもまだ実装されていませんので、さらならバージョンアップが待ち望まれます。


カテゴリー

キクミミ研究棟?


キクミミの開発者による
ファイルメーカー®カスタムWEB
公開研究サイト
(かなりユルく更新中)

FBA認定デベロッパー


キクミミはファイルメーカー株式会社に正式に認定された FBA(FileMaker Business Alliance)のメンバーです。