【開発実績】語学研修向けクラス管理支援システム

こんにちは、3gouです。
今回は、語学研修向けのクラス管理支援システムをご紹介いたします。
各企業などに語学研修などのプログラムを提供していく場合、各企業と担当する講師、管理事務局との三者間での情報のやりとりがとても煩雑です。多くの場合、管理事務局が講師から送られてくる授業の内容についてのファイル(出席状況やレポート)を顧客に提出できるようにチェック・修正したりする業務に忙殺されています。
今回開発したシステムは、講師と管理事務局間の情報伝達をWebのインタフェースを用いることにより一元的に管理できるようにし、多大な時間と労力を使っていたこの中継作業を大幅に軽減させることに成功しています。


■開発環境:FileMaker Pro 9 (Webインタフェースは、FileMaker API for PHPを利用)
■運用環境
・サーバー側:Windows Server2003 IIS6.0 環境 + PHP5.2.6 + FileMaker Server9
・クライアント側:(イントラネット)Windows XP + FileMaker Pro9
(Web)InterNetExplore6、FireFox2、Safari
クラスを担当する講師は、Webのインタフェースでもって、自身の担当するクラスのスケジュールをカレンダー形式で確認でき、提出期限の迫ったレポートや、クラス実施における重要な更新情報などが、ログイン後のトップページで一目で確認できるようになっています。
クラスを担当する講師は、実施するクラスの授業ごとの受講生の出席状況を登録したり、授業実施後に提出する受講生へのレポートをWeb上から作成できます。レポート作成においては、提出するレポートの種類によって最適なコメントなどを選択形式で登録できるレポート作成支援機能によって、スペルミスなどがなくコメントの量や内容についてのぶれが少ない品質の良いレポートを作成することが可能になりました。
また、講師は契約による給与・諸手当の他に、交通費やその他経費をWeb上から登録できるようにしたことにより、講師の賃金レートと実際に担当した授業のレートとの照合などの機能も合わせ、月々に講師に支払うべき賃金額なども簡単に導出することができるようになりました。
クラス実施の管理事務局は、イントラネット上でFileMakerのインタフェースを用いてクラスの運営を管理します。クラス実施の契約から顧客への各種レポートの提出、講師への賃金支払など、クラス運営のはじめから終わりまで管理できるようにしました。上記機能により、これまで担当講師との間でメールなどの添付ファイルにて行っていた出席状況の月次レポートへの転記や、受講生への提出レポートのスペルミスや内容などのチェック作業、講師の提出した各種経費表と実際に行われた授業との対比など、これまで多大な時間と労力を使ってきた業務を大幅に軽減することができました。
データベース化したことにより、各受講生の過去の受講履歴や参照した教材、担当した講師、そのときに作成したレポートなど、各授業のクオリティを上げるために必要な情報を即座に引き出せるようになり、クラス運営には欠かせないシステムとして活用されています。


カテゴリー

キクミミ研究棟?


キクミミの開発者による
ファイルメーカー®カスタムWEB
公開研究サイト
(かなりユルく更新中)

FBA認定デベロッパー


キクミミはファイルメーカー株式会社に正式に認定された FBA(FileMaker Business Alliance)のメンバーです。