【開発事例】コールセンター向け簡易CTIシステムのご紹介

こんにちは1号です。
コールセンターの業務システムは
顧客からの電話を受ける「インバウンド型」と顧客に電話をかける「アウトバウンド型」に
大別されます。
今回ご紹介するのは、30席~50席程度の小規模なアウトバウンド型コールシステムです。


低価格なCTIシステムやASPのサービスが出ていているとはいえ、
アウトバウンド型のコールセンターシステムは非常に高価です。
こんな企業さまにお勧めします。
■CTI装置を導入するほどの予算がない、または規模を想定していない。
ISDNモデムがあれば結構です。PCと回線を席数分ご用意ください。
■これから業務を立ち上げるので運用フローが変更になることが予想される。
システムを運用することで業務が変わる、その逆も正しいことだと私達は考えます。
業務フローが落ち着くまでは「柔軟かつ小さな」システムを使うことが正しい選択といえるでしょう。
このコールシステムのデータベースはファイルメーカーで作成します。ファイルメーカーは非常に柔軟な
構築ができるツールです。
■コール後の営業活動の進捗も含めて管理したい。
数値管理だけではなく、営業支援ツールとしても利用できるオプションをご用意できます。
また、貴社のやり方、大切にしたいことを反映できるようカスタマイズもご相談ください。
■30席クラスのシステムであれば、500万円程度で構築可能です。
【内容】USB接続の架電ツール、FileMaker Server8 Advancedライセンス、コールシステム一式
初期設定、調整費、簡易取扱説明書 (東京都内および近郊、サーバハードウェアは貴社ご用意)
ご興味をお持ちになった方は、メールにてお問い合わせくださいませ。
デモサイトなどご案内できます。
お問い合わせフォーム


カテゴリー

キクミミ研究棟?


キクミミの開発者による
ファイルメーカー®カスタムWEB
公開研究サイト
(かなりユルく更新中)

FBA認定デベロッパー


キクミミはファイルメーカー株式会社に正式に認定された FBA(FileMaker Business Alliance)のメンバーです。